あなたとって「家」はどんな存在ですか?あなたが「家」に求めているのは、いったいどんなことですか?
たぶんその答えは、百人百様だと思います。例えば「家にはなによりも快適さが必要」と多くの人が言ったとしても、あなたが求める快さと、他の人のそれは微妙に違っているはずで、むしろ違っていて当然で。
私たちの家づくりは、そんなひとりひとり、ひと家族ひと家族の小さいけれどもかけがえのない「違い」を見つけ出すことからはじまる、そんな家づくりです。

 

ある高名な建築家はかつて「住宅は住むための機械である」※と書きました。おそらくその建築家は、人間工学に基づいた合理性や機能性、工業技術などから成り立つひとつの普遍的な法則性の中に、住まいというものを構想する夢を抱いたのでしょう。「誰にとっても共通の快さ」があり、「共通の理想的な住まいはある」と。(※ル・コルビュジエ「建築をめざして」1923年)
「しかし・・・」と私たちは考えます。「人は決して機械ではない」と。それぞれ異なる家族がいて、それぞれ異なる住まい方がある。”あなた”がいて家がある。 ”あなた”がいないところには、建物はあっても”家”はない。家は工業化された箱であってはならないと。

 

だから私たちの家づくりは、”あなた”との徹底的な対話から始まります。ひとりひとり、ひと家族ひと家族の小さな「違い」を見つけ出し、他の誰でもない”あなた”と家族にとっての「かけがえのなさ」をカタチにするために。家とは住むための場所であるとともに、人生という時間の海を渡っていく船のようなものでもあり、そこに暮らす人々の「私はこのように住むのだ」という想いの表現でもあると思うのです。
「買うもの」でもなければ、建築家にとっての「作品」でもない家を。

 

 

代表取締役  樋爪 鑑